携帯ホームページ

The Cold Equations

最近卒業論文がオワタ\(^o^)/ギリギリ大学生のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AVP2

今日も映画見てきた。

『AVP2 エイリアンズVS. プレデター』
avp2.jpg
南極での死闘の後、宇宙船に横たわるプレデターの遺体から飛び出たチェストバスターは宇宙船の中で“プレデリアン”として成長し、プレデターを殲滅する。コントロール不能となった宇宙船はアリゾナの森へ墜落し、そこからエイリアンたちは獲物を求め飛び出していった――。人類が最も恐れていた悪夢が現実となる…。
(ユナイテッドシネマHPより)

AVPの続編です。テレビCMも散々やってるので、内容は説明するまでもないかな。
エイリアンとプレデター、SF界の最凶モンスターvs最強戦士のクロスオーヴァー作品だ。
宇宙船の中とか、主に閉鎖空間を舞台に暴れていたエイリアンが、ついに地上に解き放たれた。どこにでもある平和な町が地獄へと変貌する、人類に生き延びる道はあるのか?
っと、まぁこんな作品です。
内容的には、もうこのまんま。
ついに日常世界で激突するエイリアンとプレデターの恐怖にゾクゾクする映画だ。

今作から登場する新エイリアン「プレデリアン」は、前作のラストでプレデターの体内に産み付けられたエイリアンで、プレデターのDNAを取り込んだ正に最凶生物だ。エイリアンとともに人間を殺しまくり、市街地で大暴れする姿は悪夢そのものだね。ただ、妊婦さんまで殺してしまうような残虐なシーンもあるのはどうかと・・・。あと、エイリアンの活動シーンがほぼ全部暗いんだよな・・・雰囲気としては正しいんだけど、せっかく町を舞台にするんだから、ちょっとぐらい太陽の下でエイリアンが見たかった。シュールで作品のイメージ壊すかな?

対するプレデターは「ザ・クリーナー」、これまで登場したプレデターたちと異なり、彼の目的は地上に広がるエイリアンを抹殺すること。単に戦うだけでなく、墜落したプレデターの宇宙船を爆破したり、エイリアンに殺された死体を消したりと、エイリアンが関わった痕跡を消す「クリーナー」だ。しかし当然、地球を守る正義のミカタではなく、邪魔な人間は容赦なく殺す冷酷な殺人者でもある。
AVP2では、登場するプレデターは彼一人。エイリアンが繁殖を続けて増えるのに対し、ちょっと寂しかった。前作みたいに何人もいた方が、絵的は面白くなると思う。
ただし、この「ザ・クリーナー」、たった一人でエイリアンに立ち向かうだけあって、今までのプレデターとは一味違う。エイリアン退治の専門家、歴戦の戦士である彼は、これまでのハンター達以上に強力な兵器と、豊富な経験を生かした知力を武器に戦うのだ。エイリアンを追って一人で戦い続ける姿がかっこよくて、思わず応援してしまった。

そして人間陣営はというと、当然のように殺されまくり。ただ、これまでの作品と異なり、彼らは平和な町で暮らす普通の人々だ。そんな彼らが突如突き落とされた地獄で、どんな反応を見せるのかは、このシリーズには無かった新たな要素だ。

前作『AVP』は、古代遺跡という閉鎖空間を舞台にして、最終的には強い女性(『エイリアン』シリーズのリプリーみたいな)が戦って生き残るという、『エイリアン』的な作品だった。今作では、舞台が市街地であり、『プレデター1』を想起させる山中のシーンや、メインで活躍するのが男性など、『プレデター』寄りな作品となっていた。
ストーリーは気にせず、迫力を楽しむ映画だとは思うが、個人的にラストは気に入らなかった。
(以下、ネタバレにつき反転)

ラストは、繁殖して手がつけられないエイリアンたちをまとめてドカーン。という安直かつ、『エイリアン』シリーズでも見られた終わり方だった。つうか前作の『AVP』でも、この方法だったし・・・。
増殖したエイリアンに対してプレデターは一人、という時点で、このラストは見え見えだった。逆に言えば、自分自身も爆弾落とす以外に解決法を思いつかなかった、ってことなんだけどな・・・。あぁ、一応、プレデターと一通りの登場人物が死んで、このまま地球は滅亡する・・・とか、プレデター側が援軍を呼んで大逆転・・・みたいな終り方もアリだったかな?
せっかくクロスオーヴァーの新シリーズなんだから、もっと新しいラストとか、予想もつかないような展開になるとよかったなぁ。その点、前作の、戦った主人公がラストでプレデターの戦士に認められる、って展開は結構よかった。

今回は「宇宙船や遺跡で、エイリアンを閉じ込めて爆破&殲滅」でなく、「被害拡大を防ぐため、生き残りの人間ともども町ごと爆弾で吹き飛ばす」と、無茶な方法。しかも、主人公達が生き残るためにやるのでなく、特に出番も無かった米軍が爆弾落とすだけ、というのも気に入らない。「エイリアンもプレデターもまとめて殺して人間が勝利」なら、やるのは第三者だった米軍でなく、主人公の方がいいと思う。
最後に、エイリアンやプレデターだけでなく、人間の残虐性も描いた、ということか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ayasaki104.blog119.fc2.com/tb.php/45-d12b8571

 | HOME | 

Blog Pet

FullMIX Player

Miku-nyano

Dancing Miku

RSS Feed

Profile

彩崎透志

Author:彩崎透志
分類:自堕落大学生(4年目)
住んでる所:石川県金沢市

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent articles

Comments

Trackbacks

Categories

Links

FC2 Counter

Search in this blog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。