携帯ホームページ

The Cold Equations

最近卒業論文がオワタ\(^o^)/ギリギリ大学生のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE DARK KNIGHT

んでわ、映画日記といきましょうか~。
今回は、バイト先の社員さんのKさんと観てきました。
バットマン最新作『THE DARK KNIGHT』です。


『ダークナイト』
バットマン
ゴッサム・シティーに、究極の悪が舞い降りた。ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗り、犯罪こそが最高のジョークだと不適に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。
この街を守るのは、バットマン(クリスチャン・ベール)。彼はジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)と協力して、マフィアのマネー・ロンダリング銀行の摘発に成功する。
それでも、日に日に悪にまみれていく街に、一人の救世主が現れる。新任の地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)だ。正義感に溢れるデントはバットマンを支持し、徹底的な犯罪撲滅を誓う。
資金を絶たれて悩むマフィアのボスたちの会合の席に、ジョーカーが現れる。「オレが、バットマンを殺す」。条件は、マフィアの全資産の半分。しかし、ジョーカーの真の目的は、金ではなかった。ムカつく正義とやらを叩き潰し、高潔な人間を堕落させ、世界が破滅していく様を特等席で楽しみたいのだ。
遂に始まった、ジョーカーが仕掛ける生き残りゲーム。開幕の合図は、警視総監の暗殺だ。正体を明かさなければ市民を殺すとバットマンを脅迫し、デントと検事補レイチェル(マギー・ギレンホール)を次のターゲットに選ぶジョーカー。しかし、それは彼が用意した悪のフルコースの、ほんの始まりに過ぎなかった……。
(ユナイテッドシネマHPより)

皆おなじみのアメコミヒーロー。バットマンの新作っす。
2005年の『バットマン・ビギンズ』の続編。
クリストファー・ノーラン監督が描く、新しいバットマンです。
つっても、ノーラン監督の映画は、前バットマンしか観てないので、
監督については何とも言えませんが・・・

『バットマン・ビギンズ』もそうだったけど、
今作もすごくリアルな映画に仕上がってます。
アメコミがリアルって、言ってて妙ですけど、実際リアル。
舞台も登場人物も、簡単に薄っぺらくできるヒーロー物を、
しっかりと描いてるのには好感が持てます。
犯罪のはびこる街で、孤独な戦いを続けるバットマン。
理解不能な最狂の敵、ジョーカー。
街に現れた素顔のヒーロー、光の騎士ことデント。
魅力的なキャラクター達が大活躍。
バットマンやデントの守る正義VSジョーカーの無秩序。
そしてゴッサム・シティーに住む人々の心まで盛り込んだ、
リアルな犯罪アクション映画です。


特に見所なのが、ヒース・レジャー演じるジョーカーです。
ジョーカーのイカレっぷりはハンパない。
重武装してるわけでも、特殊能力があるわけでもない。
アメコミの敵役としては力不足にも思えるジョーカーだが、
その狂った脳ミソから繰り出す悪逆非道の数々にはゾクゾクするものがある。
正に最狂。
でもって、ヒース・レジャーの熱演!
ジョーカーのキャラとは違うが、「鬼気迫る」とでも言うのか、迫力のある演技でした。
この映画に出た後亡くなったらしいし、どんだけ力入れてたのやら・・・

もう一つ、この映画のポイントが、「二者択一」
CMでもバットマンとジョ-カーの決戦シーンから、
ブルース(バットマン)とデントの間で揺れるレイチェルの心、
ジョーカーが仕掛ける罠まで、二転三転するストーリーの随所で見られる重要な選択は、どれも印象的でドキドキでした。
特に、ジョーカーの仕掛けてくるトラップは、
どちらを選んでも片方は死ぬだろうってゆーやヴぁいのばかり、
それに翻弄される人々の様子も何ともまた。


今一つぱっとしなかったのが、ヒロインのレイチェルかな。
二人の間で揺れる女心とか、いいポジションだとは思うけど、
今一つ強い印象とか、いい感情がない。
おそらく、(以下ネタバレのため反転)
二人への態度が、揺れるってよりは「どっちつかず」
さらに、どっちつかずのまま中盤で死んじゃったのがマズかった。
その後のストーリー展開から考えると、あそこで死ぬのは仕方ないとはいえ、
中盤以降ヒロイン不在で、何とも画面が男臭いw
二人への気持ちについては、死後に手紙という形でハッキリ語ってはいるけど、
どっちにも全く伝わってないし、ロマンスがないっちゅー話ですよ。


そんな、レイチェルの扱いも含め、
全体にストーリーは暗いです。
夜のシーンが多いので、映像的にも暗い。
まぁバットマンの活躍自体闇に紛れたものだし、
タイトルも『ダークナイト』ですからね~。
ダークな映画が苦手な人は注意かも?

これまでの作品以上にバットマンのアクションは凄いし、
心理描写も十分。ダーク系も全然OKなので、
非常に楽しめる作品でした。



最新作の、ハムナプトラ3も観てきたので、次回はそっち書きます。
明日・・・はバイトあるので、明後日になるかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ayasaki104.blog119.fc2.com/tb.php/218-863eac65

 | HOME | 

Blog Pet

FullMIX Player

Miku-nyano

Dancing Miku

RSS Feed

Profile

彩崎透志

Author:彩崎透志
分類:自堕落大学生(4年目)
住んでる所:石川県金沢市

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent articles

Comments

Trackbacks

Categories

Links

FC2 Counter

Search in this blog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。