携帯ホームページ

The Cold Equations

最近卒業論文がオワタ\(^o^)/ギリギリ大学生のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイダーウィックの謎

映画~。

『スパイダーウィックの謎』
スパイダーウィック
森にかこまれた大きな屋敷-そこは、スパイダーウィック家の屋敷。双子の少年ジャレッドとサイモン、そしてマロリーの3人姉弟は、大叔母さんが所有するこの屋敷にやって来た。両親が別れて、母親と新たな生活を送るために。ある日、ジャレッドは、屋根裏の隠し部屋から1冊の謎の書を発見する。”決して見てはならない”-そう書かれた書には、なんと様々な妖精の秘密が全て書かれていた。そして、次々に起こる不思議な体験。見えないはずの妖精の姿が、すぐ、そこに・・・。
(※ユナイテッドシネマHPより引用)

家庭崩壊の危機にあった一家。
彼らが遭遇する、不思議な事件。
「この世には見えないものがたくさんある」
目には見えない、妖精たちの世界。
それに触れることで、彼らは人を信じることの大切さを知り、
見失っていた家族の絆を取り戻すのだ・・・

と、まぁこんな話でした。
主人公ジャレットの成長と、家族の絆がポイントかな。
妖精の世界観も、いい雰囲気出してる。
西洋的な感覚なので、日本人にはちょっと馴染みが薄いかもしれないけど、
ファンタジー好きには、うれいいところです。

・・・ただ、妖精の種類は少ないですね、
出てきたのは、ブラウニー、ゴブリン、ホブゴブリン、レッド・キャップ
、トロール、スプライト、グリフィン、エルフ。
しかも、ほとんどはゴブリン。絵的にも面白くないぞ。
せっかく「妖精図鑑」なんだから、もっとどんどん出して欲しかった。
原作のエピソードの一部らしいから、仕方ないかな~。

同じく、原作から抜き出した影響かもしれない点が、
作中の時間が短いことです。
主人公や周囲の人の変化や成長を描いてるのに、
ストーリーが、全体で3日くらい(だったと思う)の急展開で、
みんなコロッと変わるので、いまいち、その変化に納得できませんでした。
例えば、『千と千尋の神隠し』だと、
千尋の成長に十分な期間とエピソードがあった。



しかし、問題はそこじゃない。それどころじゃない。
この映画、予想以上に子供向きでした。
何も考えずに観た方がいい・・・
ストーリーがなぁ・・・
設定・展開・登場人物の行動と、意味不明&無意味な点が多すぎます。
ツッコミどころ満載、って感じです。
その辺が気になりすぎて、素直に楽しめませんでした。

以下、ざっと思いついた、気になった点を羅列します。
ホントに羅列なので、本編見てないと意味不明だと思います。(一応ネタバレなので反転)
・信用なくしてるのは自業自得だろ、信じてもらう努力しろよ ・そもそも、なぜ本を開けた? ・なぜ、本の内容を信じてもらう努力をしない? ・80年前の蜂蜜って食えるのか? ・敵に見つかってたなら、本が封印してあった意味あるのか? ・封印を開けて何か変わったか? ・その位置で話してたら、普通に見つかるだろ ・サイモンに追いつくの早すぎだろ ・本じゃなくても、書いた本人を捕まえればいいだろうが ・本の内容を覚えた子供もいるし、そいつ捕まえるだけでもいいよな ・叔母さんに電話すればいいだろ、なぜ会いに行く? ・トマトソースも80年前のだよね? ・いや、本持ってく意味ないし、置いてけよ ・叔母さんは何で妖精が見えるの? ・なぜ都合よくそのページが盗られる ・お母さんにスプライト見せれば、信じてもらえただろうが ・グリフィンで簡単に会いに行けるのかよ! ・えっ、結局叔父さんは何もしてくれないの?何しに行ったんだ? ・叔父さん、本の処分方法教えろよ! ・魔法の石、重要そうだったのに出番消えたな ・お母さん、転身早すぎ ・窓封鎖意味ねぇ、ってか、床下と天上から来られる分、状況悪化? ・え?人間状態で刺しても効かないの?せっかく伏線貼ってたのに ・マテ、その方法で倒せるなら、さっき刺したのはもっとダメージある筈だ。 ・心身喪失状態で、どうやって連れてきてもらったんだ ・最後にご都合主義キター
今ざっと思い出すだけでも、これだけ・・・
実際にはこれ以上のツッコミを入れつつ観てました・・・正直ヒドイ
とゆうわけで、こういう点が気になるタイプの人は
見ない方が無難だと思います。
お子様とか、あまり深く考えずに観る人なら、
世界観&家族ドラマで、結構楽しめると思います。



・・・・・・・けなしたまま終わるのもアレなんで、もう少し褒める所は―――

主演の、フレディ・ハイモア君、いい演技してたと思います。
一人二役で双子を演じてたけど、演じ分けも上手かった。
英語は分からないし、そもそも吹き替え版観てたんだが、
しゃべり方でも、結構変化を出してたみたいだ。
『ライラの冒険』でも声優に挑戦してたし、将来有望だね。

サラ・ボジャー演じるマロリーがカワイイw
お母さん想いのいい子だし、
ファンシングで戦うシーンも、かっこよかったです。

こんなところですかね、
個人的には、残念ながら、期待ハズレと言わざるを得ない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ayasaki104.blog119.fc2.com/tb.php/138-baadee0f

 | HOME | 

Blog Pet

FullMIX Player

Miku-nyano

Dancing Miku

RSS Feed

Profile

彩崎透志

Author:彩崎透志
分類:自堕落大学生(4年目)
住んでる所:石川県金沢市

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent articles

Comments

Trackbacks

Categories

Links

FC2 Counter

Search in this blog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。