携帯ホームページ

The Cold Equations

最近卒業論文がオワタ\(^o^)/ギリギリ大学生のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記~5/30

昨日もよく遊んだなぁ。
先週に引き続き、また徹夜ですよ。
そしてバイト・・・

しっかし、
この狭い部屋に6人とか・・・よく入ったもんだw

みんゴルでも同時に遊べないから、DSでぷよぷよとかしてたしな。
おっさんの扱いのヒドさにフイタw
スポンサーサイト

05月30日のココロ日記(BlogPet)

宇宙人さん、宇宙人さん…、ココロのこと見ててくださいね。いつか美味しい作業を作って透志さんに喜んでもらうんです!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

キタ━(゚∀゚)━!!

我が家に神降臨





・・・もとい、ブラビア様(笑)が降臨なさいました。

うーん、とってもプレミアム(ニコニコ的にw)

ファーストフード! (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ ファーストフード!
「ファーストフードと聞いて今一番最初に思い出したのは?」
最近モス行ってないなぁ・・・

しかし現在緊縮財政なので、外食は控えねば。

闇鍋

ランキングに上がってた。

非常に面白かった。
しかし食事しながら見るもんじゃなかった・・・orz

疲れた

この二日間、ほぼ徹夜で遊び倒しましたよ・・・
昨日は、かっふぇとタカ、keikunの4人
さっきまではweamも加わって5人で。
ウチ狭っ!

間にバイトも挟んでたので、もう体力がダメぽ
しかし今日もバイト、寝たら起きれなそうだし、何とかしないと。

05月23日のココロ日記(BlogPet)

今日も奇跡が買えませんでした……残念。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

日記~5/23 深夜

あぅあぅ、時間が無いです。
明日までに、ゼミの資料を仕上げねば。
いつも通り、徹夜は確定だー。頑張ろー。


そんな現在のPC画面w↓


・・・いや、作業はしてますよ。ちゃんと。
下に書きかけのレポートが見えてるし・・・

でも、リンディさんが妙にカワイイから仕方ないんだwww

日記~5/20

うあ~。
更新サボってしまいました・・・

まぁ、理由がありまして。
サボったというか、遊んでた?(←をぃ)

2月9日の記事で予告したとおり、
内定を頂いたので、
ウチにPS3さんが来たワケですよ。
そりゃ誰だって遊ぶだろうよ。
うん。俺は悪くない。
―――悪いのはヤツだw


それにしても、次世代機ってスゴイね~。
我が家は、ちっせーブラウン管テレビという、
ひどく残念な環境ですが、それでも明らかに画質が良い。
――ちなみに、音だけはドルビーデジタルが聞けるので、
こっちは文句なし。

そして何と言ってもブルーレイ
映画好きには嬉しい限りです。

今あるゲームソフトは、
アーマードコア4
デビルメイクライ4
みんゴル5
・・・全部シリーズ初体験だったりしてw
しかし、どれも予想以上に面白い。
今は、アーマードコアの操作を練習しつつ、
気軽にできるみんゴルで遊んでます。


誰か遊びに来ないかー?

・・・と、メールでなくココで訊いてみたりw
まぁ、ウチに来そうなメンバーはみんな見てるし。
あいにく、某クッキングパパ(笑)の家みたいな料理は出ないけどなw

日記~5/18

今日は、ミツヤ&おっさんが遊びに来た。
このメンバーは珍しいな。

のどが痛い

サークルの新歓飲み会の後、友達とカラオケに・・・
歌いすぎました。
のどが痛いです。

みんな、選曲が空気読んでたので、
知ってる曲ばかり。
半分以上の曲、歌ってたような気がします。
中でも、JAMのダメージが特に大きいと思う。

もう声が出ません・・・

好きな飲み物 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 好きな飲み物
「あなたが好きな飲み物はなんですか?ジュースでもお茶でもなんでもかまわないので教えて下さい。」
もちろん紅茶ですね。
コーヒー豆とは消費量が全然違います。

掃除中

今部屋を掃除してるんだが、うわ~汚ねぇ。
夕方から始めて、やっと3割終わったくらいか?
明日までには、何とか人が入れるぐらいになるか。
ゴミ捨てたいな~ゴミ。何でこんなにいっぱいありやがりますか・・・


掃除してたら、
去年授業中に描いた(w)落書きを発見しました。
とりあえず晒してみるw
落書き
完成度ひくー。

05月16日のココロ日記(BlogPet)

人間は、考える余裕だと思いました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

そういえば

ひぐらし実写版が、10日から公開してますね。

とはいえ、俺がいつも行くユナイテッドシネマでは、
6月中旬からの公開予定。ちくしょー。

まぁ、期待は全くもってしてない。
でも、「観るか?」と訊かれたら、「絶対観る」そんな作品です。
見事に釣られてるなぁ、俺・・・。

いやいや、愛さえあれば、面白いに違いない。うん。

バトンきた

むちこさんから、バトンもろたー。

「アンカー禁止バトン」

ルール
1:回って来た質問の最後に[自分の考えた質問を付け足して]下さい(自分も答える)。
2:終わったら誰かにバトンタッチして下さい。
3:まとまりないエンドレスバトンなので[どんな質問でもOK]です。
4:バトンのタイトルは変えないこと。
5:ルールは必ず掲載しておいて下さい。

長いから、追記で書きます。

続きを読む »

最高発熱 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 最高発熱
「今日は温度計の日です。そんな日にちなんであなたは最高何度ぐらいの熱を出したことがありますか?できればそのときのエピソードも教えて下さい。」
何年か前に、40度以上まで上がったことがありました。
つらいというか、脳ミソがオーバーヒートしたらしく、
やたらとハイテンションだった気がする。
しかし、 体はまともに動かんし、
年末で普通の病院が休みだったので、大変でした・・・

赤z・・・

今日はイタリアンレストランで働いてきました。
サイ○リヤみたいなファミレスじゃなく、ちゃんとした所。

本日、17:30~21:30までのディナータイムのシフトで、

お客さんが5人・・・・・・

果てしなく暇でした。
あれで時給1200円もらってるんだが、
あの店の経営は一体どうなってるんだろう・・・?

機会があったら帳簿を見せて欲しいもんだ。

『紀元前1万年』観てきた

今日も元気に映画レビュー

『紀元前1万年』


紀元前1万年-それはまだ、人間も野獣も自然のままに暮らし、マンモスが地上を闊歩していた時代の話である。人類が創造力と信じる力を手にし、人として道を歩み始めた時代。「紀元前1万年」は、戦う者を率いて広大な砂漠を横切り、サーベルタイガーや有史以前の獰猛な野獣たちとの戦いの旅を歩む若者(スティーブン・ストレイト)の姿を描いた作品である。旅の目的は、失われた文明を見つけ、愛する女性(カミーラ・ベル)を悪の帝王から取り戻すことであった。
(※ユナイテッドシネマHPより)

きましたよ~。
ローランド・エメリッヒ監督の新作!
エメリッヒ監督といえば、
『スターゲイト』『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』など
もう安心のブランドです!
・・・あぁ、『GODZILLA/ゴジラ』もありますねw
あれも、ゴジラ映画じゃなく、SFとして見れば十分に良い出来ですし。
今回も期待大でした。


そ・し・て
期待を裏切りませんね~。
良かった。映像・ストーリー共に満足です。


まずは映像。
エメリッヒ監督ならではの、超リアルな非現実的映像です。
今までの映画でも、SFのスッとんだ設定を、
見事に映像化してきた人ですから。
『スターゲイト』の遺跡とか、『インデペンデンス・デイ』のUFOとか、
いったいどんな想像力してるのかと・・・

今作はSF世界から一転、過去の世界を描いています。
舞台となる紀元前1万年は、氷河期の終わり頃。
日本では丁度、縄文時代が始まりますな。
ちなみに、エジプトで、有名なギザの三大ピラミッドが
出来るのが、紀元前2500年頃です。
今作でピラミッド造ってるのは、早い気がしますね。

過去を描くには、時代考証や何やらの制限がつきますが、
ここまで遡ると、設定の多くは推測。
資料が少ないですからね。
その分、監督の想像力を発揮しやすかったのかな。
ディテールに凝った設定に、雄大な自然。
マンモス、サーベルタイガー、ピラミッド、どれも大迫力でした。


そしてストーリー。
狩猟民族の若きマンモスハンター、デレー(スティーブン・ストレイト)が、
恋人(カミーラ・ベル)を追う旅を通じ、成長する物語です。
「奪われた恋人を救出に向かう」という、王道ストーリー。
時代が古いだけに、ヘタに小難しくするより、
これぐらい真っ直ぐな方がいいと思いますね。

狩猟社会」の「狩人」であったデレーは、
恋人を奪い返すため、「戦士」として未知の土地へと旅立つちます。
雪山、野獣、砂漠など厳しい自然に襲われる旅です。
その途上では「農耕社会」の人々と出会い、
彼らに「選ばれし者」「英雄」と呼ばれ、戦士を率いるリーダーになります。
相対する敵は“神”、奴隷を集めてピラミッドなんぞ造ってます。
階級社会」ってやつですね。
そして決戦。やっぱり最後に愛が勝つ!?
――というあらすじ。

見ての通り、デレーが旅で出会う社会が、発展順になってます。
ここが上手い。
本来なら、時間をかけて変化してゆく社会に、
世間知らずな青年デレーは、一気に触れることになる。
稀有な体験は、彼を大きく成長させます。
デレーかっけぇ!

主役の二人、スティーブン・ストレイトとカミーラ・ベルは、
無名の俳優さんみたいです。
優しくてタフな主人公と、エキゾチックな魅力のヒロイン、
どちらも良かったです。
ウィル・スミスも、『インデペンデンス・デイ』で有名になったし、
ひょっとすると?


あえてマイナス点を挙げるなら、
人間同士の戦争になっちゃうところ。
これは、タイトルだと古代のサバイバルな暮らしを描いた映画に見えるし、
事前情報無しで観た人は、意外に思うだろうな。
俺は、人間は1万2千年も前から戦争してるのかぁ・・・って思いました。
「人の歴史は、戦争の歴史」とか「結局、人の敵は人」とか言うけど、
ちょっと悲しいですよね。
加えて、この時代にこんな戦いをする余裕があったのかも疑問。
日々の糧を得るだけで精一杯だったのでは?
とはいえ、この展開あってのストーリーだし、感動しました。
ちょっと気になった程度かな。

あと、ラストのご都合主義な奇跡(死んだヒロインが生き返る)は、
人によっては嫌うかもしれません。
個人的には、奇跡自体はある方が後味がいいし、許せるけど、
その展開が定番過ぎてどうかと思います。



以上。
面白かったです。
期待を裏切らないエメリッヒ監督に感謝。

みく更新3

たまには更新報告もねー。

いや、時間ないですなぁ。
今日は寝過ごして、ゼミの資料がオワタ\(^o^)/ (←壊滅的な意味で)

一応、ちまちまとトークは増やしてますよー
今回は、サーフェイス追加

11.png
―――ってネギかよ!

せっかくなので、利用して一人ツッコミw
いや、すんませんね~。
先日書いた通り、みくはデータがあぼ~んしたので、
直す前に、簡単なの描きマシタヨ。


あと、いつの間にかRSSリーダも設定。
とりあえず、初音ミクのマスコットらしいところを付けてみた。

でも、別に使わない機能ですよね~www

05月09日のココロ日記(BlogPet)

そろそろ、バレに旅行なんて行ってみたいですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

ミクのプレイヤーを新しくしてみた

ミクのプレイヤーを、
真・フルみっくすプレーヤー」に変えました。
ミク以外のボーカロイド曲も再生可能に!
まだプレイリストは適当ですが・・・

ついでに、ツールバーを左右交換して,
テンプレの幅を調整してみました。

にぱ~☆

2%
携帯待受けサイズにしてみた。
にぱ~☆

続きを読む »

落書き

某絵描きな友人の家に遊びに行ったら、
その家のペンタブ&ソフトで、
なぜか絵を描かされました。

使い方知らないソフトで一発描きはムリがある・・・
rakugaki.png
まぁでも頑張りましたょ?

スパイダーウィックの謎

映画~。

『スパイダーウィックの謎』
スパイダーウィック
森にかこまれた大きな屋敷-そこは、スパイダーウィック家の屋敷。双子の少年ジャレッドとサイモン、そしてマロリーの3人姉弟は、大叔母さんが所有するこの屋敷にやって来た。両親が別れて、母親と新たな生活を送るために。ある日、ジャレッドは、屋根裏の隠し部屋から1冊の謎の書を発見する。”決して見てはならない”-そう書かれた書には、なんと様々な妖精の秘密が全て書かれていた。そして、次々に起こる不思議な体験。見えないはずの妖精の姿が、すぐ、そこに・・・。
(※ユナイテッドシネマHPより引用)

家庭崩壊の危機にあった一家。
彼らが遭遇する、不思議な事件。
「この世には見えないものがたくさんある」
目には見えない、妖精たちの世界。
それに触れることで、彼らは人を信じることの大切さを知り、
見失っていた家族の絆を取り戻すのだ・・・

と、まぁこんな話でした。
主人公ジャレットの成長と、家族の絆がポイントかな。
妖精の世界観も、いい雰囲気出してる。
西洋的な感覚なので、日本人にはちょっと馴染みが薄いかもしれないけど、
ファンタジー好きには、うれいいところです。

・・・ただ、妖精の種類は少ないですね、
出てきたのは、ブラウニー、ゴブリン、ホブゴブリン、レッド・キャップ
、トロール、スプライト、グリフィン、エルフ。
しかも、ほとんどはゴブリン。絵的にも面白くないぞ。
せっかく「妖精図鑑」なんだから、もっとどんどん出して欲しかった。
原作のエピソードの一部らしいから、仕方ないかな~。

同じく、原作から抜き出した影響かもしれない点が、
作中の時間が短いことです。
主人公や周囲の人の変化や成長を描いてるのに、
ストーリーが、全体で3日くらい(だったと思う)の急展開で、
みんなコロッと変わるので、いまいち、その変化に納得できませんでした。
例えば、『千と千尋の神隠し』だと、
千尋の成長に十分な期間とエピソードがあった。



しかし、問題はそこじゃない。それどころじゃない。
この映画、予想以上に子供向きでした。
何も考えずに観た方がいい・・・
ストーリーがなぁ・・・
設定・展開・登場人物の行動と、意味不明&無意味な点が多すぎます。
ツッコミどころ満載、って感じです。
その辺が気になりすぎて、素直に楽しめませんでした。

以下、ざっと思いついた、気になった点を羅列します。
ホントに羅列なので、本編見てないと意味不明だと思います。(一応ネタバレなので反転)
・信用なくしてるのは自業自得だろ、信じてもらう努力しろよ ・そもそも、なぜ本を開けた? ・なぜ、本の内容を信じてもらう努力をしない? ・80年前の蜂蜜って食えるのか? ・敵に見つかってたなら、本が封印してあった意味あるのか? ・封印を開けて何か変わったか? ・その位置で話してたら、普通に見つかるだろ ・サイモンに追いつくの早すぎだろ ・本じゃなくても、書いた本人を捕まえればいいだろうが ・本の内容を覚えた子供もいるし、そいつ捕まえるだけでもいいよな ・叔母さんに電話すればいいだろ、なぜ会いに行く? ・トマトソースも80年前のだよね? ・いや、本持ってく意味ないし、置いてけよ ・叔母さんは何で妖精が見えるの? ・なぜ都合よくそのページが盗られる ・お母さんにスプライト見せれば、信じてもらえただろうが ・グリフィンで簡単に会いに行けるのかよ! ・えっ、結局叔父さんは何もしてくれないの?何しに行ったんだ? ・叔父さん、本の処分方法教えろよ! ・魔法の石、重要そうだったのに出番消えたな ・お母さん、転身早すぎ ・窓封鎖意味ねぇ、ってか、床下と天上から来られる分、状況悪化? ・え?人間状態で刺しても効かないの?せっかく伏線貼ってたのに ・マテ、その方法で倒せるなら、さっき刺したのはもっとダメージある筈だ。 ・心身喪失状態で、どうやって連れてきてもらったんだ ・最後にご都合主義キター
今ざっと思い出すだけでも、これだけ・・・
実際にはこれ以上のツッコミを入れつつ観てました・・・正直ヒドイ
とゆうわけで、こういう点が気になるタイプの人は
見ない方が無難だと思います。
お子様とか、あまり深く考えずに観る人なら、
世界観&家族ドラマで、結構楽しめると思います。



・・・・・・・けなしたまま終わるのもアレなんで、もう少し褒める所は―――

主演の、フレディ・ハイモア君、いい演技してたと思います。
一人二役で双子を演じてたけど、演じ分けも上手かった。
英語は分からないし、そもそも吹き替え版観てたんだが、
しゃべり方でも、結構変化を出してたみたいだ。
『ライラの冒険』でも声優に挑戦してたし、将来有望だね。

サラ・ボジャー演じるマロリーがカワイイw
お母さん想いのいい子だし、
ファンシングで戦うシーンも、かっこよかったです。

こんなところですかね、
個人的には、残念ながら、期待ハズレと言わざるを得ない。

ぎゃぁ

でーたがぁぁぁぁ
描きかけの、みくの表情ファイルがぁぁぁ
あぼーん・・・
アクセス不能・・・オワタ\(^o^)/

就活オワタ\(^o^)/

就活オワタ\(^o^)/

・・・もといw、
就職決まりました~ヽ(・∀・)ノ
わ~わ~、どんどんぱふぱふ。

本日、正式な採用内定通知が届き、
めでたく就職決定です。
やた~☆ ニート回避~www
春休み頑張った甲斐があったな~。

就職先は、愛知県民らしく(?)、
トヨタの関連企業のうちの一社です。
っても、関連企業なんていっぱいありますが・・・
資格もとらず3年間遊んでた割に、よさそうじゃないかな?

あとは、卒論書いて、卒業するだけだ~。

旅行中

珍しく携帯から更新です。
山中温泉に来ています。
県内なので、まぁ近場ですね。

んでもって、現在、
風呂上がりにマッサージ機の上です。
本当は、ちゃんとしたマッサージ頼みたかったんですが、
高い…高いよ。

しかし、これはこれで、
温泉旅行って雰囲気がでて、悪くはないかも。
うぁ~、コレ家に一台欲し~(´A`)

CLOVERFIELD

久しぶりの映画です。
先月は色々忙しかったからなぁ。

『クローバーフィールド/HAKAISHA』
クローバーフィールド

これは、合衆国国防省デジタル記録#USX-8810-B467
暗号名”クローバーフィールド事件”複数の目撃例の一つ。
かつて「セントラルパーク,N.Y.」と呼ばれていた場所”U-447”で回収されたビデオに収録された映像
この85分間に及ぶ映像は、民間人ロブ・ホーキンスのビデオカメラに残されたものである。事件当日の5月22日、6:43pmから翌6:42amまでの12時間に起きた、常識の尺度では図れない現象が長期間にわたり収められた貴重な物的証拠となる映像の一部である。

(※ユナイテッドシネマHPより抜粋)

例によって終了間際でしたが、
話題になっていた「謎の映画」を見てきました。

あらすじは・・・
「ニューヨークが謎の巨大モンスターに襲われて、
主人公たちはヒドイ目に遭います」
 以上。これだけ・・・

・・・すごいB級感だなw これだけだと。

もちろん、これだけのB級映画じゃないです。
紹介文の通り、観客はビデオカメラの映像という形で、
この事件を追体験することになります。
その映像が、すごい!臨場感!ハンパないです。
揺れる視界、限られた情報、突如襲い来るモンスター。
ドキドキです。
ストーリーだけ見たら、それほどでもないんだけどねぇ、
これは上手いな。
凝った設定のないB級っぽさが、逆にリアリティを出してるのか?


ただ、気になった点がある。
映画冒頭で、上でも引用した、紹介文がそのまま表示されます。
まぁ、特殊な映画なので、その説明が必用なのは分かる。
しかしだ、
「ビデオがセントラルパークで回収された」って下りは、いらんだろう!
それは、「ラストシーンがセントラルパークだ」って言ってるのと同義です。
主人公は、そこで死ぬか、ビデオを落として行く可能性が高い。

この時点で、「事件の結末は分からずじまいなんじゃ?」という予測がつく。
全て解決してハッピーエンドなら、ビデオは公園跡で回収されはしないのだから・・・
ビデオに写ってるのは、事件の途中まで、じゃないかな?と思ったワケです。

そして、セントラルパークまでは、
どんなに助かりそうな(解決しそうな)シーンでも、助からない(解決しない)。
やヴぁいシーンでも、死なない。ということが分かる。

余計な情報を与えられたせいで、
せっかくの臨場感が台無しだ。

まぁ、設定上仕方なかったのかもしれんし、
自分の勘がたまたま当たってただけかもしれません。
それでも、個人的にあのネタバレはいらなかったと思います。


そんな細かい点まで勘繰ったりせずに、
純粋に映像を楽しめばいいと思います。
ドキュメンタリー調の、リアル志向な映画として、
十分凄い作品でした。


あと、もう一つ↓(反転)
ビデオが、暗視機能(赤外線?)付きなのはどうかと思う。
トンネルのシーンで、いきなり使い出したときは、リアルに吹いたw
テープ録画の、家庭用ビデオカメラにしては、高性能過ぎです。
リアリティ足らないよ~。

 | HOME | 

Blog Pet

FullMIX Player

Miku-nyano

Dancing Miku

RSS Feed

Profile

彩崎透志

Author:彩崎透志
分類:自堕落大学生(4年目)
住んでる所:石川県金沢市

Calendar

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent articles

Comments

Trackbacks

Categories

Links

FC2 Counter

Search in this blog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。